メダカのおうち

楊貴妃メダカ

ヒメダカよりもより赤に近いオレンジ色のメダカです。固定された時期が早く、沢山の個体が市場に出回り、入手しやすい品種です。その美しい姿から楊貴妃と名付けられました。

近年はヒメダカは殆ど市場に出ず、この楊貴妃が最も出回っている品種です。ヒメダカとの違いは色の濃さで、オレンジからより紅いものが好まれ、価格も色によって決まります。楊貴妃同士の交配でも、ヒメダカのようなピンク色のものが生まれることがよくあり、楊貴妃という名が付けられない場合もあります。

日光によく当て、また飼育容器内にレンガのような色の濃いものを入れておくと、より濃いオレンジから紅になりやすいです。これは、メダカの色が保護色となっていて、濃い色の環境で育つと、それに合わせて濃い色になるためです。

非常に丈夫な品種で、野生種の黒メダカと同じように簡単に飼うことができ、繁殖も容易です。そのため、市場に出回っているメダカの殆どが楊貴妃です。ピンク色になってしまったものは選別でヒメダカとされ、熱帯魚のエサとして低価格で販売されることがあるようです。
エサ用のメダカとして販売されるのは残念なことですね。ピンク色の個体でも、繁殖すると濃い色の楊貴妃が生まれることもあるため、家庭ではピンクの個体が生まれても処分するのではなく、他の楊貴妃と同様にかわいがって欲しいものです。

市場での相場は1匹100円ぐらいですが、非常に紅く、オレンジとは言えないような個体は2000円ぐらいの価格をつけることもあります。飼育環境や運によって色が左右されるので、育てていて非常に楽しいメダカです。

ペットショップでも簡単に手に入りますが、ネットでの購入が手軽でお勧めです。

体型

楊貴妃はノーマル体型の紅いものを指しますが、特に体高が高いものが好まれ、値も高くなります。また、ダルマ体型のものは正式には朱赤ダルマと呼ばれますが、初恋メダカというニックネームで親しまれます。ヒカリ体型のものは朱赤ヒカリが正式な名称ですが、東天光というニックネームで流通していることが多いです。ヒカリダルマ体型も多く、朱赤ヒカリダルマや楊貴妃ヒカリダルマとも呼ばれます。

メダカの名称は大抵色と体型で決められますが、楊貴妃の体型違いの品種には特別なニックネームがつけられることが多いようです。それだけ、多くの人に愛されている品種なのでしょう。

飼育のコツ

楊貴妃メダカはとても飼育しやすい初心者向けのメダカです。ただ、気位が高く、なかなかペアを作ってくれないという特徴もあり、繁殖するには5匹以上、出来る限りメスの数をオスより多くするようにします。

色をより紅くするコツは、太陽光にしっかり当てること、底砂は出来るだけ黒っぽいものを利用することです。底砂が白っぽいものしか無い場合は、色の濃いレンガなどを水槽に入れてやることでより色が濃くなりやすいです。

>> 前のページに戻る
LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。