メダカのおうち

幹之メダカ

光を当てると背中が光る幹之系メダカの代表です。光る面の大きさや位置などから、様々な亜種が存在しますが、白または青の体色のものを幹之(ミユキ)と呼びます。白いものより青いものが好まれるようです。

光るメダカには、体色が白いもの、青いもの、オレンジのもの、黒のものなど様々です。そのうちの白と青のものが幹之と呼ばれる所以はよく分かりません。白いものが幹之、青いものが幹之(青)と表記されることがあるようですが、青いもののほうが市場に多く出回っており、青いものを幹之と表記して販売されることが多いようです。

光る部分や面積の広さによって、スーパー幹之と呼ばれるものや、背中だけでなく顔まで光る鉄仮面と呼ばれるものもあります。

飼育はやや難しく、繁殖も容易ではありません。光が強いもの、光る面積が広いものほど繁殖が難しく、市場に流通する量も少なくなるため、値がはるようになります。鉄仮面などは1匹5000円もの価格をつけます。

光具合にもよりますが、市場では平均1匹500円ほどの価格で売られています。価格が低いものほど飼育も繁殖も簡単ですが、やはり500円以上する高級なものほど美しいので、ついつい高価なものに手を出してしまいますが、飼育が難しく、死なせてしまうことも多いです。初心者は出来るだけ低価格のものから練習したほうが良いでしょう。価格が低くても、背中が光る幹之はやはり美しいです。

ペットショップではあまり手に入らないため、ネットでの購入をお勧めします。

体型

幹之メダカには、ノーマル体型、ダルマ体型が多いですが、ダルマ体型に特別なニックネームはなく、幹之ダルマと呼ばれます。また、幹之ヒカリダルマも存在し、高値で流通しています。特殊なものでは、背ビレの無い品種もあります。背ビレが無いことで、背中の光が途切れること無く尾の付け根まで続くので、流星という名前がつけられています。

ヒレが変化した品種もあり、幹之ヒレナガメダカなどとも呼ばれます。こうしたヒレの変化がある幹之メダカは流通量が少なく、非常に高価です。

飼育のコツ

幹之メダカは初心者にはやや難しいメダカですが、繁殖は比較的容易です。環境さえ整っていれば、沢山の卵を産んでくれます。飼育が難しい理由ですが、比較的短命であることがその一つです。飼育環境をしっかり整えてあげないと、あっさり死んでしまいます。

飼育環境さえ整っていれば、稚魚の生存率は非常に高いです。稚魚の間はグリーンウォーターで育ててやると非常に成長が早いです。

また、背中の光具合は遺伝だけでなく、成長の過程でも変わってくるようです。稚魚の頃は部分的にしか光っていなくても、太陽光に十分あて、大きく成長させれば背中全体が光るようになります。中にはどんなに上手に育てても尾に近いところしか光らない個体もありますが、多くの幹之メダカは大きく成長させれば背中全体が光るようになります。

>> 前のページに戻る
LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。