メダカのおうち

ダルマメダカ

金魚の琉金のように、体が縮んだメダカです。奇形メダカで、繁殖中にたまに出てくる形です。奇形ということもあり、寿命が短く飼いにくいメダカです。

上から鑑賞しても、横から鑑賞しても美しいですが、金魚と違い横からの鑑賞が特に美しいです。水鉢で飼育するより、水槽で飼育することをお勧めします。

奇形種なのでとても弱いです。飼育しにくいうえに、繁殖も難しいです。そもそも奇形であるので、繁殖して奇形を増やそうという試みは倫理的に問題があるように感じます。メダカは奇形の出生率が高く、楊貴妃など他の品種のメダカを繁殖していると、何匹かはダルマメダカが生まれます。生まれてしまった個体は死ぬまでかわいがって欲しいですが、奇形を増やすという試みはあまり良く思いません。繁殖は避ける方が良いと思います。

滅多に販売されていませんが、価格は高めで、1匹500円程度します。ペットショップでも殆ど見かけませんので、入手はネットで購入するのが良いでしょう。ただ、奇形を購入しているという意識は持ちましょう。長生きしない個体を購入するということを認識してください。

ダルマメダカを飼育する際は、通常の体形のメダカと一緒の水槽に入れることはおすすめしません。ダルマメダカは泳ぐのが普通のメダカより下手なため、十分なエサを食べることが出来ず、徐々に弱ってしまいます。ダルマメダカはダルマメダカ同士で飼育するようにしましょう。

写真はメダカのおうちで飼育しているスーパー幹之(みゆき)ダルマメダカです。スーパー幹之の交配で偶然生まれました。生まれるダルマメダカの殆どが普通の幹之のダルマなのですが、写真のようにとても美しい個体が生まれることもあります。この子はダルマメダカとしては珍しく丈夫で、食卓に置いたうつわで元気に泳いでいます。それにしてもメダカの写真を撮るのは難しいですね。なかなか綺麗に撮れません。

飼育のコツ

ノーマル体型に比べて泳ぎが下手なので、ノーマル体型のメダカと混泳させると餌が食べられずに衰弱する場合があります。ダルマメダカはダルマ体型、半ダルマ体型のみで飼育することをお勧めします。

また、繁殖では、ダルマ体型の交配は受精が上手くいかない場合があります。特にオスがダルマ体型の場合に受精に失敗することが多いようです。こういった場合、半ダルマ体型のオスと、ダルマ体型のメスを交配させると上手くいきます。半ダルマとダルマの子は、結構高い確率でダルマが生まれます。

>> 前のページに戻る
LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。