メダカと暮らそう

メダカのおうち

あおめだか、しろめだか、ようきひ・・・・いろいろな愛らしいメダカ達。
スイスイ、スイスイ、気持ち良さそうにスイスーイ、スイスイ。
まったり、ゆったり時が流れます。
ちいさなお魚との暮らしは癒しの空間。
メダカライフをおすすめします。

メダカってどんな生き物か知ってる?

メダカは黒くて小さくて、昔は田んぼなどにたくさんいたけど、今は絶滅危惧種で滅多に見ることができないと思っているのではないでしょうか。

確かに野生のメダカは減少してしまいましたが、品種改良などで、熱帯魚のように楽しめるさまざまなメダカがいます。値段もお手頃で、丈夫で一旦家庭の水に慣れれば、3年ぐらいは簡単に育てることができ、子供を増やすこともでき、何年も楽しむことができます。

「メダカのおうち」では、メダカの種類や飼い方、増やし方などを説明します。実は家庭で簡単に育てることが出来るメダカの楽しさを知ってもらい、飼育して頂けると幸せです。

「メダカのおうち」の活動

「メダカのおうち」は、メダカのあらゆる情報を配信し、また、ときどきフリーマーケットでメダカの販売をします。ペットショップでは少々高い値段で売られる珍しいメダカを、フリーマーケットで安く手に入れることができます。

フリーマーケットでの販売予定や、日々行っている活動などはブログで配信していきます。

これだけはやってはだめ

メダカを飼ううえで、これだけはやってはいけないということが2つあります。

1つ目は、野生のメダカを捕まえない。小川や水路にはまだメダカが残っていたりします。しかし、メダカは絶滅危惧種です。野生のメダカを捕まえるのは絶対にやめましょう。

2つ目は、家で飼っているメダカを野生に返さないこと。メダカは地域によってさまざまな遺伝子を持っています。観賞用に改良されたメダカを野生に放してしまうと、野生種の雑種が生まれてしまい、地域独特のメダカの遺伝子が影響をうけます。日本中のメダカが白メダカになってしまったなんてことが無いようにしなければいけません。
また、地域によってメダカの遺伝子が違うのは、その地域の環境に適応してきたからです。そこに、環境に合わないメダカの遺伝子を入れてしまうと、地域の環境に合わないメダカが生まれ、絶滅のリスクを高めてしまうのです。

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。