メダカのおうち

水温と足し水

メダカは日本の魚ですので、水温は常温で大丈夫です。十分な水量があれば、夏の暑い日も、冬の寒い日も基本的に対策は不要です。夏は水が蒸発しやすいので、足し水をしましょう。

水温

水面が凍るぐらい冷たい水から、ぬるま湯と感じるぐらいの水温まで、メダカは日本の気候に順応しているので、水温はあまり気にする必要はありません。ただし、水量が少ないと、水面だけでなく、全ての水が凍ったり、夏の直射日光で煮えるぐらいに水温が上がったりします。こうなるとメダカといえども死んでしまいます。屋外で飼育する場合は水量は多くするようにしてください。

メダカは水温0度〜38度までなら生存できます。ただ、水温15度以下、30度以上では活発には泳ぎません。出来るだけ15度〜30度ぐらいの範囲になるように工夫しましょう。もちろん、越冬中は水温を気にしなくて大丈夫です。飼育容器の水が全て凍らない程度に気を付ければ十分です。

足し水

夏冬関係なく、水は常に蒸発します。水が減ってきたら足し水をしましょう。少量の足し水なら、水温はさほど気にすることはありません。ただし、塩素には注意してください。水道水の場合は1晩汲み置きした水か、市販のカルキ抜きで塩素を飛ばした水を使います。井戸水であればそのまま足して問題ありません。

NEXT -> 水草

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。