メダカのおうち

メダカを買う前に用意するもの

メダカの飼育を始める前に用意するものがあります。命を扱うのですから、最低限必要なものは、メダカを買う前に用意しておきましょう。

メダカを買う前に用意するものとしては、メダカを飼う容器(水槽)、底砂、水草、餌、網(タモ)、バケツ、カルキ抜き、室内飼育の場合には、ライトも必要です。

容器(水槽)

メダカは1匹あたり約1Lの水が必要と言われています。ただこれは目安で、水の状態が安定していれば、1Lに3〜4匹でも十分飼育可能です。水の状態を安定させるには、底砂、水草を利用するのが理想的です。

容器にはスイレン鉢発泡スチロールの箱、プラスチック水槽、ガラス水槽などがあります。屋外飼育の場合は、水温変化が小さいスイレン鉢や発泡スチロール容器が向いています。屋内飼育では、横からも観察出来るガラス水槽がおすすめです。

水は多いほど安定しやすく、また水温変化も小さいですので、大きい容器が適しますが、屋内でガラス水槽で飼育する場合は、水の重さはかなり大きいので、しっかりした水槽台も必要になります。

アクアリウムを楽しむなら、プラスチック水槽よりガラス水槽をお勧めします。プラスチック水槽は簡単に傷が付き、白く曇って中がよく見えなくなっていきます。

底砂

水槽の底に、底砂を敷くことをおすすめします。無くても飼育は可能ですが、水をきれいに保つために、底砂は最適です。

メダカ水槽内には、メダカの排泄物、餌の食べ残しなどが原因で、毒性のあるアンモニアなどが蓄積します。そのアンモニアを分解する微生物が多い水槽ほど、水は安定し、メダカの健康が維持されます。

微生物は、底砂に多く住み着きます。沢山の微生物を維持するために、底砂は必須です。

底砂にも色々と種類があり、砂、砂利、ソイルと呼ばれる土などがあります。砂や砂利は使用する前によく洗ってください。ソイルは洗う必要はありません。

水草

水草は必ず必要というわけではありませんが、水を安定させることに貢献するアイテムです。水草があると、水をきれいにする微生物が住み着きやすくなり、また、水草には微生物と同様に水をきれいにする能力もあります。

水草はメダカが排出する二酸化炭素を分解し、酸素を生み出します。酸素が多いほど、メダカは病気になりにくく、元気に育ちます。

また、水草は見た目に美しく、癒やしの効果もあります。緑の絨毯や、森のように茂った水草はとても心をなごませてくれます。メダカも何もない水槽より、緑あふれる水槽のほうが落ち着きます。

メダカは生き物ですから、餌は必須ですね。ホームセンターやペットショップで売っている、浮上性の餌がおすすめです。メダカは水面にある餌を好んで食べます。浮上性の餌だと食べ残しが減り、水質を保ちやすいです。

メダカの餌にも色々と種類があり、産卵期に与えると良いもの、成長期に与えると良いものなど様々です。特にメダカのサイズと餌のサイズには注意してください。まだ稚魚の場合は稚魚用の餌が必要ですし、特に成長期に合わせた、小さいけれども栄養価の高い餌などもあります。成魚に関しては、産卵期とそうではない時で餌を変えることも有効ですが、ホームセンターにある安いものでも構いません。

網(タモ)

メダカをすくう小さな網(タモ)も必要です。新しく買ってきたメダカを水槽に入れる際に、ペットショップの水をそのまま水槽に入れるのはおすすめできません。メダカだけをすくって水槽に移せるように、小さな網(タモ)は必須です。

また、病気にかかったメダカを隔離したり、残念ながら死んでしまったメダカをすくうのにも、タモは必要です。

バケツ

水槽の水換えにバケツは必須です。出来ればバケツは2つ用意しましょう。水換えの際に、予め温度をあわせ、かつ塩素を抜いた水を作っておくバケツと、水槽から取り出した水を入れるバケツが必要です。水換えは水槽の1/3ぐらいの水を換えるのですが、冷たすぎる水を入れるとメダカは体調を崩します。また、塩素が入っている水を入れるとメダカは死んでしまいます。

カルキ抜き

水道水の場合、水には殺菌用の塩素が入っています。この塩素が入ったままの水は、メダカにとって毒です。水道水から塩素を抜くには2つの方法があります。1つは半日水道水を汲み置く方法です。塩素は時間とともに空気中に抜けていきます。半日汲み置きすれば塩素は無くなります。もう一つの方法は、カルキ抜きを使う方法です。汲み置きする必要がなく、すぐに塩素を水道水から抜くことが出来ます。

ライト

ライトは水草の生育と、メダカの健康維持に必要です。メダカは光を浴びることで健康に育ちます。また、ライトをつけておく時間を調整することで、室内でも四季があるようにメダカに感じさせることで、産卵を促すことも出来ます。

ライトは電気代が安くあがるLEDライトで大丈夫です。水槽用のものでも、クリップライトでも良いです。水草をしっかり育てたい場合は、水槽用のライトをお勧めします。クリップライトは電球の交換が出来ますが、広い範囲を照らすのには向いていません。30cm以上の水槽を使う場合は、水槽用ライトを使ってください。

NEXT -> メダカをどこで買う?

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。