メダカのおうち

メダカの越冬

メダカの越冬は簡単

「メダカは冬は大丈夫なの?」という質問をよく受けます。答えは「大丈夫」なのですが、越冬させるにはいくつかのポイントがあるので、紹介します。

メダカの越冬は実はとても簡単なのですが、冬の間に全滅したという話もよく聞きます。実は、全滅の理由は寒さでないことがほとんどです。

水深

まず、メダカがどんなに寒さに強いと言っても、メダカが凍ってしまうようでは生きていけません。メダカは冬の間は水底の比較的温かいところでじっとしています。動かないのはエネルギーを無駄に使わないためです。メダカは冬の間はほとんど何も食べません。自然界では冬はメダカのエサになるプランクトンが激減し、メダカはエサをとることができません。だから、食べなくても大丈夫なように、じっとしてエネルギーを消費しないようにする習性となりました。

屋外で飼育している場合、冬の特に朝方や、寒波がやってきている際には、水面が凍ります。でも心配しないでください。メダカがいる水底まで凍らなければ大丈夫です。メダカは冬の間は活動量が落ち、必要とする酸素量も少ないので、水の半分ぐらいが凍ってしまっても、生きています。水温が低いと溶存酸素量も多くなるので、水面が全て凍ってしまっても酸素不足になることはありません。

室内で飼育している場合、水が凍ることがないので、特に心配はいりませんが、自然界とは状況が違うので、注意が必要です。メダカは低水温でも凍らない程度なら比較的活動量が多いです。活動量が多いと、必要とするエネルギーも多くなるので、必然的にエサが必要になります。

冬の間のエサやり

屋外で飼育している場合は、メダカは冬の間ほとんど活動しません。そのためエネルギーを消費せず、エサを必要としません。冬の間ずっと雪が降るような地方なら、雪解けまでエサは必要ありません。雪が積もらない温かい地方なら、陽がさして陽気な日にはエサを少しだけ与えましょう。水面に上がってきて食べるようなら、1分以内に食べきる程の量を与えます。水底でじっとしていて、エサに反応しない場合は、やらないようにします。

室内で飼育している場合で、冬でもメダカが泳ぎ回っている場合は、エサを与えます。しかし、夏ほどの量は必要ありません。1分で食べきる量で構いませんし、活動量が少なめなら、1週間に1回、1分以内に食べきるぐらいの量を与えれば十分です。

冬の間に全滅する理由

冬の間にメダカが全滅してしまう理由、それはズバリ、エサの与えすぎです。メダカは冬の間はエサをほとんど必要としないため、エサをやりすぎると殆どが残ってしまいます。その残ったエサが水質を悪化させ、メダカを弱らせてしまうのです。寒さに必死に堪えている中、水質が悪化して体調を崩せば、すぐに命取りになります。

ついやりがちなのが、夏と同じ感覚でエサをやってしまうことです。通常、夏を1とすると、春と秋は0.5、冬は屋外でずっと水面が凍るような地方では0、時々陽気な日があるような地方では0.1〜0.2ぐらい、室内で0.2ぐらいと考えてください。

メダカが必要とするエサの量は季節によって全然違ってきます。エサやりの際には、食べ終わるまでどれぐらいの時間がかかるか、もしくは殆ど食べなくなっていないかなど、メダカの変化に気を配るようにしましょう。

水換えは必要ない

冬の間は水換えは必要ありません。室内でもそれは同じです。水が減ったら足し水をするぐらいです。

ほとんど世話をしなくて良い

上記のことを踏まえ、極端な話、冬の間はほとんど世話は必要ないということです。屋外ならエサやりも必要ないので、足し水ぐらいしかしなくて良いです。足し水も、冬は殆ど蒸発しないので、ほとんど必要ありません。どちらかというと、冬の間はそっとしておいてやるのが一番です。

NEXT -> 冬でもメダカを楽しむ

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。