メダカのおうち

水草

屋外で飼育する場合はホテイアオイを浮かべると、影を作り、産卵巣にもなります。おもむき重視ならスイレンヒメスイレンも良いですね。丈夫で育ちやすいものなら、ウォーターマッシュルームウォータークローバーなどもおすすめです。

ホテイアオイは浮かべるだけですが、スイレンやウォーターコイン、ウォータークローバーの場合は、小さめの植木鉢に花と野菜の土水生植物の土を入れて植えてから飼育容器に沈めます。ウォーターコインやウォータークローバーは成長が早いので、育ち過ぎたら株分けしたり、伸びすぎた部分を切り戻します。非常に強い水草なので、切りすぎても根が残っていればどんどん葉を出してきます。

また、ホテイアオイは根の成長が非常に早く、放っておくと水槽いっぱいに根が伸びてしまいます。メダカがこの根にからまって身動きできなくなり、死んでしまうことがあります。ホテイアオイの根は伸びてきたら切るようにしましょう。しょうしょう根を切ってもホテイアオイは全然平気です。

室内でアクアリウムを楽しむ場合は、アクアリウム向けに様々な植物がペットショップやネットで購入できるので、試してみてください。アクアリウムで気をつけなければならないのは、水温と農薬です。

メダカは室温で夏も冬も平気ですが、水草には冷たい水を好むもの、温かい水を好むもの、常温が良い物などさまざまありますが、メダカの適温にあったものを選ぶ必要があります。メダカは冬の間ヒーターで温める必要はありませんが、水草が日本の冬に耐えられないものだと、ヒーターが必要になります。日本の冬でも加温せずに生育する水草をお勧めします。

そして農薬。メダカは比較的農薬に強いですが、エビなどと混泳させる場合、水草についた農薬には注意が必要です。エビは農薬に弱く、農薬がついた水草を水槽に入れると、あっという間に全滅します。ペットショップ等で購入した水草には大抵農薬が使われていますので、流水でしっかり洗い、1週間ほど水につけて農薬を除去してから水槽に入れなければなりません。水につけておく1周間の間、毎日水を変える必要もあります。
ネットのショップでは、無農薬と書かれて販売されている水草も多数あります。少し高くても、手間の掛からない無農薬の水草を購入するのも手です。

照明

水草には陰性と言って、ほとんど光を必要としないものもありますが、成長が遅く苔に覆われてしまったりして、上級者でないと育てにくいものです。やはり水槽を美しく見せるためには、陽性の水草を育てるのが良いです。そのためには、照明(ライト)が必要です。LEDライトで照度が高いものを選ぶようにしましょう。小さな水槽ではクリップライトで十分です。大きい水槽の場合は、その水槽のサイズにあった観賞魚用のライトを使うようにしましょう。

NEXT -> コケ対策

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。