メダカのおうち

ペットを飼ってみたいという方にまずおすすめなのがメダカ

2019-03-11 08:59:48 UTC
カテゴリ : 飼育

ペットを飼いたいけど、「うちはアパートだし」とか、「散歩する時間がない」とか、「お金がかかりそうだ」などといった心配が先立って、なかなかペットに手が出せないという方も多いのではないでしょうか。

そういった心配をお持ちの方に絶対オススメなのが「魚の飼育」です。
また、魚の中でも特にオススメなのが「メダカ」です。

魚をオススメする理由は、

  • アパートでも飼える
  • 散歩の必要なし
  • 犬や猫ほど高価ではない

です。

簡単な魚を飼うのであれば、極論として水槽と水と餌があれば可能です。

例えば肺で呼吸する「ベタ」という魚を飼うのであれば、水槽はペットボトルや大きめのワイングラスでも可能です。ベタ自体も高価ではありませんので、食卓や机の上のちょっとしたスペースで魚を飼うのであれば、ベタはとてもオススメです。

綺麗な魚を楽しみたいのであれば、熱帯魚がオススメですが、熱帯魚は日本の冬を超すためには加温が必要です。ヒーターを購入する必要がありますし、ヒーターを使うと水の蒸発が早いので、こまめに足し水をするか、水槽に蓋をする必要があります。

水槽に蓋をすると、酸素が取り込まれないので、エアレーションをする必要が出てきます。そうやって必要な機材を揃えていくと、安価で飼いたかったのに、結構初期費用がかかってしまったなんてことにもなり得ます(とは言っても1万円そこらですが)。

最も手軽で、そして美しい魚といえば、一押しなのが「メダカ」なのです。

メダカは日本の冬を越せるのでヒーターは必要ありません。水槽に蓋をしなければエアレーションも必要ありません。
大きな水槽でなくても飼育可能です。例えばサラダボールに5匹程度のメダカを入れるだけなんてことも出来てしまいます。

これほど手軽に飼えるペットは、ベタを除いて他にはいないのではないでしょうか。

実はベタにも弱点があります。
それは、オスはとても強い縄張りを持つということです。

ベタのオスは縄張りに侵入した他のオスを攻撃します。
だから、小さな容器では、オスは1匹しか飼育することが出来ません。

一方メダカは、サラダボールに4〜5匹入れて飼育することが出来るぐらいです。

そして「美しさ」。

ベタは非常に美しいですが、メダカも負けていません。

皆さんは「メダカ」と言えば、小学生の時に学校で飼育したヒメダカや黒メダカを想像するのではないでしょうか。
でも、現在は実に500種類ものメダカが生み出され、とても美しいメダカも数多く販売されているのです。

例えば楊貴妃
真っ赤でとても美しいメダカです。

 幹之メダカは背中が青く光る人気のメダカです。

楊貴妃の色で体が縮んだダルマ体型のものを初恋メダカといいます。

また、背びれと尻ビレが同じ形で、尾びれがひし形になる「ヒカリ体型」のメダカもいます。

さらにヒレが長く伸びたりする「ヒレ長」というものもいます。

どうでしょう、現代のメダカに驚かれるのではないでしょうか?

1匹1万円を超える高価なものもありますが、人気の幹之メダカで、特に光が強いスーパー幹之と呼ばれるものでも1匹500円程度です。犬や猫や熱帯魚よりも断然安いです。

僕が特に好きな「初恋メダカ」でも1匹1,500円程度で購入できます。
また、繁殖も簡単で、好みのメダカをどんどん増やすことだってできちゃうんです。

どうでしょう、メダカに興味を持たれましたか?

ちょっとでも興味を持たれたら、当サイトの「メダカの飼い方」を是非読んでみてください。
また「メダカの種類」では、様々な人気のメダカを紹介しています。一見の価値有りですよ!

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。