メダカのおうち

メダカのブログ

今の水温だとなかなか孵化しませんね

2016-11-09 13:29:58 UTC
カテゴリ : 繁殖

水温が低いのでなかなかメダカが孵化しません。メダカが孵化するには250度日必要で、平均水温25度で10日かかります。今の平均水温は19度ぐらいなので、2週間はかかりますね。あ、これは屋内の話ですよ。屋外はもっと水温が低いので、全然孵化しませんね。

卵の中に目玉は見えるのですが、そこからがなかなか成長しません。熱帯魚のように水温を上げればすぐ孵化するでしょうけど、それはやりたくないですね。電気代もかかるし、下手すれば感電や火災のリスクもありますからね。

屋内は地中熱で外よりだいぶあったかくしてるので、孵化しないってことはないと思っています。今のうちにメダカを増やして、春に量産体制に入れるようにしようと考えています。まぁ、冬に成長すればの話ですが。生き物の繁殖って本当に難しいです。

11月に入ってもダルマメダカが産卵し続けてます

2016-11-07 13:29:26 UTC
カテゴリ : 繁殖

ダルマメダカの産卵が止まりません。ブリブリ産んでいます。お尻には卵が大量にくっついてます。

ただ、ダルマメダカの孵化率は低いですねぇ、だいたい白くなってカビが生えます。無精卵ですね。泳ぐのが下手だからか、腹が大きすぎるのか、うまく受精させられないようです。

ダルマメダカが貴重なのは、繁殖が難しいからなんですね。出来るだけ来年春までにダルマメダカを増やしておいて、万全な繁殖体制を整えておきたいのですが、前途多難ですね。

うまく増えたらフリマでの販売も考えます。うまくいくかな?

家の中に蚊が入った時は潰してメダカにあげてます

2016-11-05 13:28:43 UTC
カテゴリ : 飼育

私は蚊が大嫌いなので、家の中で蚊を見つけたら、徹底的に追いかけ回し、握って潰します。ですが、蚊と言えども命、無駄にしてはいけないなと思い、メダカの水槽に入れるようにしています。

メダカって浮いてる小さいものを見つけると、すぐにパクって食べちゃうんですよね。その早い事。瞬時に食らいついて飲み込みます。食べれないものだとわかると吐き出すんですが、蚊は好物らしく、すぐに食べちゃいます。

蚊にとってメダカって天敵なんですよね。ボウフラはすぐに食べちゃうし、卵を産みに来た蚊も見つけたら食べちゃいます。可愛いのに以外とどう猛です。メダカが増えれば私の嫌いな蚊が減って嬉しいんだけどなぁーとか思っています。まぁ、生態系が崩れるのも問題ですが。

とにかく我が家に入って来た蚊はほとんどメダカのおやつになってます。無駄にしてなくて良い感じだと思っています。

妻がよく面倒見てくれてます

2016-11-04 12:56:12 UTC
カテゴリ : 飼育

昼間は仕事で家にいないため、妻がメダカの面倒を見てくれてます。今日は東天光が産卵したそうで、まだ残ってるホテイアオイを水槽に入れてくれました。

妻いわく、ホテイアオイを入れると根の間を泳いだりして遊ぶメダカが可愛いそうです。妻もメダカが遊ぶことに気がついてたようですね。よく観察してます。

餌やりとかも気温や水温を見ながら上手にやってくれます。僕より上手かもしれませんね。おかげでとても助かってます。僕が帰ってから餌やりすると夜になるのでメダカにはあまり良くありません。やはり日中の一番暖かい時間帯にこまめにやるのが一番です。妻もそのことをよくわかっていて、上手にやってくれます。メダカのお世話は家族の協力が必要だなぁと感じています。

ダルマメダカの卵を目視で確認

2016-11-03 13:48:25 UTC
カテゴリ : 繁殖

ダルマメダカが結構産卵したので、産卵巣を目視で確認しました。ダルマメダカはギュッと詰まった体型をしていて泳ぐのが下手なので、受精が難しいだろうと予想していたのですが、予想通り受精卵は全体の半分以下という感じです。未受精卵は白くなりカビが生えるので簡単に見分けることができます。

ダルマメダカの繁殖が難しいとはよく聞きますが、まさにその通りで、受精が上手くいかないのですね。ただ、想定していた飼育の難しさはそれほどでもなく、通常のメダカから隔離すれば、餌も十分にとれ、健康に育つことがわかってきました。

金魚が和金型と琉金型を一緒に育てると、琉金型は餌を取れずに死んでいくと言われますが、まさに同じことがメダカでも起こるのですね。金魚との違いは、ダルマが結構出現することですね。1〜2%ぐらいの確率でダルマが生まれます。固定作業をまだしていないので、どれぐらい難しいかわかりませんが、受精率の低さは固定作業を難しくする要因になると思います。

今もう一つ取り組もうとしているのが、錦メダカの固定です。何匹かわずかに錦の特徴を持つメダカがいるので、固定したいと考えています。錦もガンガン産卵しているので、良いものを集めて固定作業をする予定です。

室内で孵化させるための準備をしています

2016-11-02 13:22:40 UTC
カテゴリ : 繁殖

今年の冬は室内で産卵と孵化をさせるため、室内用の孵化水槽を着々と用意しています。と言っても、ダイソーでプラケースを買ってるだけですが。

孵化用の水槽なんて100均で買えるもので十分なんですよ、特に屋内では。屋外だと水温変化をできるだけ抑えるように発泡スチロールの箱を使う方が良いんですけどね。と言いつつ、今屋外にいるメダカの半分ぐらいは980円のプラ舟で育ててるのですが。プラ舟で育てると、急激な温度変化で死なせてしまうこともあるのですが、広い分、大きく育つんですよね。早く大きくしたい場合はプラ舟が良いですよ。

で、孵化させて1cmぐらいまで育てるには、100均のプラケースで十分です。1cmにもなれば、親の水槽に移せば良いですからね。メダカの繁殖で一番かかるコストが水槽です。状況に合わせて安く抑える努力も必要ですね。

今日は冷え込んだせいか産卵はありませんでした

2016-10-31 13:21:21 UTC
カテゴリ : 繁殖

今日は朝から冷え込み、地熱の家と言えども気温が上がらなかったので、水温も低く、産卵はありませんでした。

でも、ダルマや東天光のメスのお腹が膨らんでるので、日中気温が上がる日があればまた産みそうです。

水温が低いと食欲もあまりないですね。よく泳いではいるのですが、あまり食べません。食べないことには産めないので、水温が上がる日があることを期待しています。

幹之の卵がようやく孵化し始めました。こちらは屋外にあるので水温が低く、なかなか孵化しない状態です。最近産んでる卵は屋内で孵化させる予定なので、2週間ぐらいで孵化すると思われます。屋外に置いたのは卵が死んでしまったものもあるかもしれませんね。かわいそうなことをしてしまいました。

稚魚も屋内で孵化させることにしました

2016-10-30 13:38:40 UTC
カテゴリ : 繁殖

産卵ラッシュ中ですが、そろそろ吹かさせる環境のことも考えなければなりません。屋外で吹かさせることも考えていたのですが、流石にこの時期に孵化したものが冬を越せないだろうと思い、室内で孵化、飼育することに決めました。

稚魚用に小さめの容器をダイソーで買ってきました。本当はメダカは広い容器で育てた方が成長が早いんですが、屋内に十分なスペースがないので、とりあえず今産んでる卵については狭い環境で育てようと決めました。

ちなみに今すごい勢いで産んでるのがダルマメダカです。今年幹之の繁殖中に生まれたものと、東天光の繁殖中に生まれたものを繁殖させてます。ダルマ同士で繁殖させて、果たしてダルマが生まれるのか?楽しみにしています。

産卵ラッシュ止まらず

2016-10-29 14:08:31 UTC
カテゴリ : 繁殖

今日もブリブリ産んでます。しばらく休んでた幹之達もまた産み始めました。晴れるとよく産む感じですね。家の中が大変なことになりそうです。

そしてメダカ達がみんな元気です。よく食べるしよく泳ぐ。遊んだりもしてますね。この季節にこんなに元気ってどういうことなんでしょうか。もうすぐ11月ですよ。そろそろ冬ごもりのはずなんですが、やっぱり屋内、それも地熱の家ってのが大きのでしょうか。何しろ朝晩の冷え込みがないですからね。

メダカが元気だと嬉しいですね、やっぱり。毎日産卵を確認するのが楽しみです。普通は早朝に産卵することが多いのですが、最近は午後になってから産むケースが多いですね。季節と関係あるのでしょうか。なので夕方産卵を確認することも増えてます。朝産んでなくても夕方期待できるので楽しいです。

今ごろ産卵ラッシュが来ました

2016-10-28 09:18:39 UTC
カテゴリ : 繁殖

屋内で飼育している東天光ダルマメダカ錦メダカが相次いで産卵しました。まぁ、屋内は室温を一定に保っている(地熱を利用した空調)ので、卵を産みやすい状態ではあるのですが。

ただ、今生まれた卵を屋外に移すと死んでしまいそうなので、これらの卵も屋内で飼育する必要があって、家狭いのにどうしようって感じです。

まぁ、冬もこんな感じで産み続けてくれれば、生まれたメダカの固定がしやすそうです。新種を作る気はありませんが、ダルマの綺麗なのをたくさん作れると嬉しいですね。ダルマの錦なんか作れると面白いかも。

メダカって、際限なくのめり込みそうなので、注意が必要ですね。ほどほどにしとこうっと。

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。