メダカのおうち

メダカのブログ

まだ東天光が産み続けてます

2016-11-24 13:09:24 UTC
カテゴリ : 繁殖

やっぱり屋内飼育のおかげなのでしょうか、まだ東天光が産卵し続けています。他のメダカはもう産まなくなったのに、不思議ですね。じつはこの東天光、秋はほとんど産まなかったんですよ。寒くなり始めてから随分と産むようになってきたんですよね。不思議です。

稚魚も順調に孵化していて、来年春までに親メダカに育てることも可能かなと思い始めました。ただ、今までの実績では、東天光が一番育たないんです。無事に大人になるのが1割ぐらい。非常に難しいと感じています。なので、大量に稚魚を得るしか増やす方法はないなぁと感じていて。

こんなに弱い東天光を売ってもよいのかなぁなんて感じていたりもします。買ったらすぐに死んでしまったってことになったら、買ってくださった方に悪いですからね。だから、目標は強い東天光を増やすことです。繁殖率がよく、あまり死なない東天光を増やすことができたら、ためらいなくフリマで販売できますからね。

ちなみに東天光のダルマはなぜか死なずにすくすく育ってます。ダルマは死にやすいのに、これもまた不思議な事です。こちらも増やせたら面白いなって思っているのですが、産卵しても孵化しないパターンになっていて、やっぱり難しいなぁと感じています。

幹之の孵化が異常に遅い

2016-11-22 13:19:33 UTC
カテゴリ : 繁殖

この秋に幹之が沢山産卵したのですが、なかなか孵化しません。屋外で育ててるものは水温が低いのでやむを得ないと思うのですが、室内で飼育しているものもなかなか孵化しません。受精してないということはないと思うのですが、産卵から1ヶ月近く経つものもあり、気がかりです。

幹之は一番産卵していましたからね。最も沢山孵化しても良いと思うのですが、数匹しか孵化していません。幹之は一番好きなメダカだし、沢山増やしてフリマでどんどん売りたい品種なので、もっともっと孵化してほしいのですが、こればかりは運だよりなのでなんともできません。

幹之のダルマも結構産卵したのですが、こちらは全然孵化しないですね。やっぱり難しいのかなぁ。幹之自体が結構繁殖難しいですからね。もっと上手になって、大好きな幹之をどんどん増やせるようになりたいです。運だよりじゃなく、腕で増やしたいです。

死んでいくメダカもいれば、生まれてくるメダカもいます

2016-11-17 13:03:02 UTC
カテゴリ : 繁殖 飼育

最近気温が安定しないことが原因か、メダカがポツポツ死んでいます。原因がよくわからないのですが、病気かもしれません。とにかく毎日水換えをして様子を見ています。

ただ、死んでいくメダカもいれば、生まれてくるメダカもいるんですよね。今日なんか結構な数のメダカが孵化しました。幹之が全然孵化しないのが気がかりなのですが、その他のメダカは最近結構孵化しています。稚魚が全て大人に育つわけではありませんが、死んだメダカの数より多くのメダカが生まれてくると嬉しいですよね。

メダカは時々原因不明の大量死とかがあるので、飼育槽は複数に分けておくのが安全です。温度の管理が原因の場合は分けても意味がありませんが、水質や病気が原因の場合は、分けることでリスクを下げられます。メダカのおうちでも複数の飼育槽に分けてメダカを飼育しています。全滅を防ぐには複数飼育槽は必要なリスク対策ですね。

ミックスも孵化し始めました

2016-11-16 13:28:41 UTC
カテゴリ : 繁殖

今日になってミックスも孵化し始めました。何が生まれてくるかわからないだけあって、楽しみです。低水温のため孵化までに時間がかかっていますが、ポツポツと孵化していますね。来年の繁殖要員とするために、大切に育てなければ。

メダカに沢山卵を産ませるには、親を沢山一緒に飼育したほうが良い結果が出ています。沢山の個体がいるほど、気の合う相手を見つけやすいのでしょう、結果沢山の卵が生まれます。なので、この冬の間は、来年春以降に産卵させる親メダカの量産時期としました。

まだ卵を産んでる個体もいるので、多くの親メダカが生まれそうです。沢山増やして、少しでも安くフリマで出品出来ればよいなぁと考えています。

気になるのは幹之が沢山産卵したのに、なかなか孵化しないことですね。大丈夫だとは思うのですが、ちょっと心配です。幹之は今年生まれの親ばかりなので、受精とかまだまだ下手なのかもしれません。でも、9月に産卵した分は孵化しましたからねぇ。無精卵ってことは無いと思うのですが。気長に待ってみます。

東天光がポツポツ孵化しています

2016-11-15 13:22:59 UTC
カテゴリ : 繁殖

10月中に産卵された東天光の卵がポツポツと孵化し始めました。水温が低かったので、孵化するまでかなりの時間を要しましたが、ようやくという感じです。

やっぱり稚魚は可愛いですね、なんかピロピロって感じで泳いでて、一生懸命さが伝わってきてとにかくかわいいです。メダカを孵化させた経験のある人ならわかりますよね? ピロピロって感じ。生まれてきた稚魚はそれぞれ色味が違います。多分黒いのとかも生まれてるんだろうなーと思いながら、来年春頃に仕分ける作業が大変だろうと想像しています。

東天光の子供なら東天光が生まれるんじゃないかって思われる方もおられるでしょうが、そこがメダカの面白い所。黒いのとか白いのとかが混ざるんですよ。ある程度成長したらはっきり見分けられるようになります。ちなみに、東天光は結構高い確立でダルマが生まれます。このダルマだけを集めて出来るだけダルマが生まれやすいように交配させるのですが、そういう作業も楽しいですね。ちなみにダルマの子供がダルマとも限りませんので。

数多くのメダカの品種を生み出している人は、それは来る日も来る日もメダカの選定をして、自分の思う特徴のメダカをかけ合わせて新しい品種を生み出していくそうです。目が痛い仕事ですねぇ。

メダカのおうちではそんなに品種改良とか考えてませんので、大した選定はしていません。もちろん赤い品種であるべき所に黒や白が出てきた場合は分けますけどね。捨てたりはしませんよ、ミックスとして育て、フリマで安めに販売します。ミックスはミックスで何が生まれるかわからない楽しみがあります。メダカが好きな人なら、ミックスも可愛いはずです。僕はかわいがっていますよ。

メダカを飼うには愛情が必要

2016-11-14 13:17:03 UTC
カテゴリ : 飼育

メダカを飼っていて思うのが、彼らは愛情を与えないと死んでいってしまうということです。別に毎日「愛しているよ」と言えば良いというわけではありません。毎日彼らの調子を見て、様子がおかしければ水を変えるといったことをしないといけないという意味です。

特に気をつけたいのが水の臭いですね。色も黒っぽくなってきたら水換えのポイントですが、緑になった場合は逆にメダカに良い状態の場合もあるので、やはり臭いでしょうね。生臭くなってきたら危険です。すぐに水換えをしましょう。しかも、生臭い場合には半分とかではなく、3分の2ぐらい変えてやる必要があります。

3分の2の水変えって結構リスクがあるんです。急激な水質変化でむしろメダカにダメージを与えてしまいかねません。それでも、生臭くなった場合はリスクをおかして水換えをしなくてはなりません。なので、そうなる前にこまめに水換えをしてあげなくてはなりません。

メダカって確かに丈夫です。暑くても寒くてもけっこうへっちゃらです。1週間ぐらいエサを与えなくても生きてます。それぐらい丈夫なのですが、水質だけは悪くなると死んでしまいます。

水質悪化の原因は、もちろんメダカの排泄物によるところが大きいのですが、エサのやり過ぎも一つの大きな要因です。メダカが3分ぐらいで全て食べきるぐらいの量を与えるのが適量です。多すぎると水質はどんどん悪化します。しかも、水温によって食べる量が変わるので、エサを与える時は食べきるのにどれぐらい時間がかかったかを見てやらなくてはなりません。やったから終わりではなく、3分で食べきるかどうかまで見てやらないといけません。

どうでしょう、メダカがどんなに丈夫でも、愛情を注がないと短命に終わってしまうということがお分かりいただけたでしょうか。メダカを飼う時は、どうか愛情を注いでやってください。

東天光が孵化しました

2016-11-12 13:03:23 UTC
カテゴリ : 繁殖

まさかこの時期に孵化するとは思ってなかったのですが、今朝見たら1匹泳いでました。1匹だけですが。。。

このまま孵化ラッシュになれば嬉しいのですが。

メダカの稚魚

小さすぎて写真では分かりにくいですね。うまれたときって本当に小さいんです。上手く育ちますように。

ダルマメダカは横から見るのが美しい

2016-11-11 22:51:41 UTC
カテゴリ : 飼育

ダルマメダカは上から見るより横から見たほうが美しいですね。金魚の場合、琉金型は上から見たほうが美しいのですが、琉金型に近いダルマメダカについては、横からがオススメです。

ダルマメダカ

写真撮るの難しい。琉金は尾びれが広がるので上から見たほうが美しいのでしょうね。ダルマメダカは尾びれが横には広がらないから。形はダルマメダカの方が美しい気がします。上から見ると滑稽ですが。

ダルマメダカは繁殖が難しいのでなかなか増えませんが、繁殖も頑張りたいと思います。

やっぱり屋内で飼育するとなつきますね

2016-11-11 12:55:36 UTC
カテゴリ : 習性 飼育

メダカを屋内で飼っていると、常に人の気配がしているせいか、人になつきます。まぁ、餌だしマシーンぐらいにしか思われてないのかもしれませんが。指を近づけると寄ってきます。カワイイもんですよ。

なれるとエサもよく食べるようになり、体調も良いです。みんなふっくらしてきましたね。そして卵を産む。いい感じですねぇ。

外で飼ってるメダカはなつきません。近ずくとパニックを起こして泳ぎ回ります。ちょっと悲しい。エサ食ってるのかなぁ?生きてるので食べているんでしょうが。外のメダカはいつも寒そうで可愛そうです。でも室内にもうスペースはない。頑張ってもらうしかないな。ゴメンよ。

まだまだブリブリ産んでますね

2016-11-10 13:14:52 UTC
カテゴリ : 繁殖

ダルマメダカの出産ラッシュが止まらない。んだけど、ほとんどみ受精卵。。。やれないですねぇ。こんなにダルマの繁殖が難しいとは。とにかくたくさん産んでもらって、低い確率でも増やせるように頑張るしかないですね。

産卵する卵の数も日に日に増えていて良い感じなんですが、時期も時期だけに産卵巣の確保が難しくなっってきました。

もうホテイアオイはダメですからねぇ。名前を忘れたけどよく増えてメダカも好んで産卵する浮き草が残っているので、代用しています。ホテイアオイより卵が確認しやすくて良いかも。まだ枯れないし、しばらくは持ちこたえそうです。

ダルマの幹之がすごく綺麗に育ってます。楽しみですねぇ。

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。