メダカのおうち

メダカのブログ

面白いメダカが生まれると固定したくなる心情

2018-11-08 21:00:29 UTC
カテゴリ : 繁殖

メダカは暖かい季節には大量に産卵します。
その大量の稚魚の中には、ちょっと変わったメダカが誕生することがあります。

よくあるのが、楊貴妃メダカの子供が白メダカだったり、青幹之メダカの子供が白幹之メダカだったり、黄錦メダカの子供が白錦メダカだったり。
普通体型のメダカ同士の子供なのに、ダルマメダカが生まれたり。ヒカリ系のメダカが突然生まれたことはありませんが。

特にダルマ系のメダカが誕生すると、固定したくなります。
固定というのは、その特徴を持つメダカ同士を何代も交配させて、生まれてくるメダカの多くを、その特徴を持つ子供になるようにするということです。

ですが、意外とこれが難しいです。
スーパー幹之メダカ同士を交配させても、スーパー幹之メダカが生まれる確率は30%ぐらいです。何代も重ねてもほとんど変化ありません。むしろ、血が濃くなって、致死率が上がります。

メダカのおうちでは、東天光メダカの致死率が高くて、新しい血を入れなければいけないという課題を抱えています。

また、ダルマメダカ同士の交配って非常に難しいんですよね。オスもメスも典型的なダルマ体型だと、受精が上手く行かずに無精卵になる確率が非常に高いです。オスを半ダルマにすると、受精率が上がりますが、今度はダルマの出現率が下がります。

このへん、メダカの愛好家さんたちはどうしてるのかなぁと疑問に思います。
きっと、とても大変な苦労をして新しい品種を作っているんだろうなぁと思います。

気温が高いのか、今日メダカが産卵しました

2018-11-08 03:07:42 UTC
カテゴリ : 飼育

やっぱり気温が高いのでしょうか、今日、室内で飼育しているメダカが産卵しました。
別に加温はしていないですよ。

観賞用にしているメダカで、ライトはつけていますが、ヒーターはつけていないので、11月に産卵ってすごく珍しいです。
もう春が来たって思っているのでしょうか。

ただ、11月に生まれた卵は加温しないと絶対孵化しません。
せっかく生まれた卵ですが、メダカのおうちでは加温して冬にも繁殖するってことをしていないので、この卵たちは残念ながら死んでしまいますね。

寿命を延ばすためにも、冬はおとなしくしておいて欲しいのですけどね。
ライトをつける時間をもっと短くしないといけないのかもしれません。

メダカをビオトープに放しました | メダカビオトープを楽しもう!

2018-11-07 08:05:02 UTC
カテゴリ : ビオトープ

ビオトープの水がなくなり、メダカを死滅させてしまってショックを受けていたのですが、今日、ビオトープの余計な水草を引っこ抜き、水の蒸発を抑えるようにして、新たにメダカ6匹を放しました。

放したメダカは、幹之(みゆき)メダカと楊貴妃メダカのミックスです。
今年十分に産卵させて、引退の意味で、幹之メダカのメスと楊貴妃メダカのオスを室内の水槽に混泳させていたのですが、8月末に産卵し、稚魚が孵ったので育てていました。

どんなメダカが出てくるかなぁと思っていたのですが、見事に全て幹之メダカ。
そっかー、幹之メダカの方が強いんだぁと思いましたね。

メダカをミックスして新しい品種を生み出すのはとても大変な作業だと思います。
それでも今年はメダカの品種が500種類ぐらいになったそうで、愛好家の方たちの努力ってすごいなぁと思いました。

ダルマメダカ達が元気に育っています

2018-11-06 04:52:59 UTC
カテゴリ : メダカ 飼育 フリマ

今年はメダカのおうちで沢山のダルマメダカが誕生しました。

ダルマメダカ

殆どが黒メダカのダルマなのですが、幹之メダカや白メダカ錦メダカ東天光楊貴妃のダルマなども元気に育っています。

東天光のダルマは特に数が少なく、中々育たない難しいメダカなのですが、メダカのおうちでは今の所順調に育っています。
ダルマメダカは突然死んでしまうことが多いので、水質など十分注意しながら飼育する必要があります。

来年のフリマでは、まず黒メダカのダルマを販売したいと考えています。
写真はちょっと見づらいかもしれませんが、素晴らしいダルマ体型の黒メダカが沢山育っているので、楽しみにしていてください。

もしかしてメダカは通年楽しむものになってきている?

2018-11-05 05:03:13 UTC
カテゴリ : メダカ 飼育

11月に入り、メダカのおうちのアクセスは減るだろうと思っていたのですが、逆に増えています。
以前は、冬に向けてだんだんアクセスが減っていたのに、今年は増えているのです。

もしかするとメダカは通年楽しむものになってきているのかもしれません。
メダカを冬でも楽しむ方法は簡単です。ネットなりホームセンターなりペットショップなりで、「ヒーター」を買ってきて、水槽に設置するだけで、簡単に冬でもメダカを楽しめます。

温度は20〜25度ぐらいを保つようにしましょう。

 もちろん、繁殖をするとなると、日照時間も大事です。繁殖させるなら、朝から夕方にかけ、14時間程度ライトを着けてあげる必要があります。

ヒーターとライトを合わせても、5,000円とかからないので、お手軽に冬もメダカを楽しむことが出来ます。

加温しないと、メダカは冬の間は水底に潜んで泳いでくれませんが、ヒーターがあれば冬でも元気に泳ぎ、楽しませてくれます。
無加温の状態だと、メダカは冬の間成長もしませんが、加温していると成長を楽しむことも出来ます。もちろん、稚魚を孵化させて成長を楽しむことも出来ます。

こういった事情から、冬でもメダカを楽しむ方が増えているのかもしれませんね。
そういえば、ネットではメダカの販売がまだまだされていますからね。

ビオトープの水が無くなってました | 水生植物にはご注意!

2018-11-05 04:35:28 UTC
カテゴリ : ビオトープ

ビオトープを覗いたら、「水がない!」。

ビオトープには沢山の水生植物が生えており、それらがもの凄い勢いで水を吸い上げて、水が無くなっていました。
当然、数匹いたメダカは全滅。

ここ2〜3日、ビオトープを見てなかったのが失敗でした。
夏場は毎日庭の水やりの際に、必ずビオトープに水を足していたのですが、ここのところ水やり回数が減って、ついビオトープの世話を忘れていたのです。

それにしても植物が水を吸い上げる勢いが凄すぎて、かなり衝撃でした。
ビオトープに水生植物が増え過ぎないように、時々刈り取りをしないとダメですね。
特に水を吸い上げていたのは、ウォーターコインだと思います。ウォーターコインは増えだすとものすごい勢いですからね。

ビオトープには、ウォーターコインの他に、姫睡蓮、ウォーターバコパ、ウォータークローバーなどを植えていましたが、ほとんどウォーターコインがはばをきかせて、他の植物の勢いが下がっているぐらいでした。

それにしても、犠牲になったメダカたちには本当に申し訳なかったです。
これからはビオトープの世話もこまめにやっていこうと思います。

どこからかミズカマキリが | 屋外飼育では水生昆虫にご注意

2018-11-01 06:34:07 UTC
カテゴリ : 飼育

野外のメダカの飼育槽に、どこからかミズカマキリが飛んで来て侵入していました。

野外の飼育槽には、例の鷺事件の後、防鳥ネットをしていたのですが、どうやって入ったのでしょうか。

ミズカマキリはメダカを捕食しますからね、捕まえてビオトープに逃しました。

ミズカマキリは、姿形がカマキリに似ていますが、実はカメムシに最も近いとか。
近年、水生昆虫の生息数が激減している中、ミズカマキリは結構数が残っているそうです。環境の変化に強いのでしょうかね。

水生昆虫の多くがメダカを捕食するので、繁殖する上で非常に気をつけなければならない存在ですが、一方、その生息数が大きく減っていることを考えると、保護の観点も必要だと思います。

今回は、我が家のビオトープに逃しました。
ビオトープにもメダカがいるのですが、そこに生態系を再現するのがビオトープですからね、ミズカマキリもそこに住んでいて良いのです。

メダカ泥棒の犯人は鷺(サギ)でした

2018-09-27 08:11:37 UTC
カテゴリ : 飼育

昨日書きましたメダカ泥棒、犯人はサギでした。

簡単に捕まえられるところに餌がたくさんいたら、そりゃ食べますよね。
今回の件の原因は私の管理能力の低さだったと思います。

恐らく100匹ぐらいは食べられたと思います。
簡単に餌が採れるところをサギは覚えたでしょうから、今後もやってくるでしょう。

問題は、残ったメダカたちをどう守るかですね。
正直ショックで何もしたくない感じだったんですが、今やるべきは残ったメダカ達を守ること。

本当は、頑丈な建物の中で育ててあげたいのですが、そのような費用を捻出することも出来ず。
ただ、今はメダカを守る方法を考えるしかありません。

しばらくメダカを守る、残すことに専念したいので、販売はできないかもしれません。
ご了承ください。

メダカ泥棒が入りました

2018-09-26 02:10:56 UTC
カテゴリ : 繁殖

昨日の夜中、メダカのお家のメダカ繁殖場に、メダカ泥棒が入りました。

幹之楊貴妃東天光の全ての親メダカ、ダルマメダカの一部(特に珍しいもの)が盗まれました。
幹之楊貴妃東天光については、幼魚が残っているので復活可能ですが、ダルマメダカが盗まれたのは非常に大きいです。

ダルマメダカは来年から固定作業に入ろうとしていた非常に珍しい品種3匹が盗難にあいました。
復活は不可能です。

世の中には本当に悪人というものがいるのですね。
情けない人間がいることに、本当に憤りを感じます。

今年は販売しません

2018-09-16 05:29:05 UTC
カテゴリ : フリマ

明日販売予定でしたが、防府潮騒市場がフリマの日付を間違えていたため、販売ができません。

潮騒市場からは、9月17日にフリマ開催と言われていましたが、間違いで今日開催と、本日10時過ぎに突然言われて、販売できませんでした。

来月は都合が悪く、11月以降は販売不可能と判断し、今年の販売はしません。

来年3月からの販売となります。大きく育ててからの販売のため、価格も1匹あたり20円値上げとなります。

皆さんには大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。