メダカのおうち

Blog

カテゴリ:繁殖

白メダカってどういう存在?

2018-11-10 01:52:06 UTC
カテゴリ : メダカ 繁殖

楊貴妃メダカやラメメダカ幹之メダカを繁殖していると、しばしば体が白い個体が生まれてきます。
幹之メダカに関しては、背中がちゃんと光っているので、白幹之メダカと呼べるのですが、楊貴妃メダカやラメメダカから生まれる白い個体は、何メダカになるのだろうかと悩みます。

白メダカなのか?
実は世間で販売されている白メダカとはそういうものなのか。

メダカのおうちでは、現在白いダルマメダカや、白い東天光などもいます。東天光については、白ヒカリメダカと呼ぶべきかもしれません。

このあたり、今までは白い個体は残念な個体として、ビオトープで育てたりしていたのですが、来年からこの白い個体を固定してみたいなと思うようになりました。

特に白い東天光(白ヒカリメダカ?)の固定は面白そうだなと思っています。東天光自体弱い品種で、繁殖は大変なのですが、やってみようかなと。

以前はメダカの固定とか、細かい品種のこととか気にしていなかったのですが、結構楽しいなと思い始めるようになって、うーん、愛好家レベルに到達しようとしているのかなどと勝手に思っています。

面白いメダカが生まれると固定したくなる心情

2018-11-08 21:00:29 UTC
カテゴリ : 繁殖

メダカは暖かい季節には大量に産卵します。
その大量の稚魚の中には、ちょっと変わったメダカが誕生することがあります。

よくあるのが、楊貴妃メダカの子供が白メダカだったり、青幹之メダカの子供が白幹之メダカだったり、黄錦メダカの子供が白錦メダカだったり。
普通体型のメダカ同士の子供なのに、ダルマメダカが生まれたり。ヒカリ系のメダカが突然生まれたことはありませんが。

特にダルマ系のメダカが誕生すると、固定したくなります。
固定というのは、その特徴を持つメダカ同士を何代も交配させて、生まれてくるメダカの多くを、その特徴を持つ子供になるようにするということです。

ですが、意外とこれが難しいです。
スーパー幹之メダカ同士を交配させても、スーパー幹之メダカが生まれる確率は30%ぐらいです。何代も重ねてもほとんど変化ありません。むしろ、血が濃くなって、致死率が上がります。

メダカのおうちでは、東天光メダカの致死率が高くて、新しい血を入れなければいけないという課題を抱えています。

また、ダルマメダカ同士の交配って非常に難しいんですよね。オスもメスも典型的なダルマ体型だと、受精が上手く行かずに無精卵になる確率が非常に高いです。オスを半ダルマにすると、受精率が上がりますが、今度はダルマの出現率が下がります。

このへん、メダカの愛好家さんたちはどうしてるのかなぁと疑問に思います。
きっと、とても大変な苦労をして新しい品種を作っているんだろうなぁと思います。

メダカ泥棒が入りました

2018-09-26 02:10:56 UTC
カテゴリ : 繁殖

昨日の夜中、メダカのお家のメダカ繁殖場に、メダカ泥棒が入りました。

幹之楊貴妃東天光の全ての親メダカ、ダルマメダカの一部(特に珍しいもの)が盗まれました。
幹之楊貴妃東天光については、幼魚が残っているので復活可能ですが、ダルマメダカが盗まれたのは非常に大きいです。

ダルマメダカは来年から固定作業に入ろうとしていた非常に珍しい品種3匹が盗難にあいました。
復活は不可能です。

世の中には本当に悪人というものがいるのですね。
情けない人間がいることに、本当に憤りを感じます。

ダルマの子はダルマ

2018-07-09 13:15:06 UTC
カテゴリ : メダカ 繁殖

ダルマメダカが生んだ卵から孵った稚魚が順調に育ってきました。

で、成長してくると、形がダルマになってきました。

ダルマメダカの子供はダルマメダカなんですね。

色々ネットで調べると、ダルマメダカは孵化する前の水温が高いと生まれてくることが多く、後天的だと書かれていることが多いのですが、ダルマメダカからダルマメダカが生まれるということは、先天性だと思います。

ダルマメダカの卵は未受精卵が多いのか、孵らないことが多いのですが、今年はほぼ全ての卵が孵っています。

このまま順調にいけば、来年はフリマでダルマメダカの販売が出来るかもしれません。

苦労が多いので高く売りたいところですが、フリマって高くは売れないんですよねー。やっぱり5匹300円かなぁ。

メダカの選別作業が大変なので、考える必要があります

2018-06-25 15:13:50 UTC
カテゴリ : メダカ 繁殖

今日はメダカの選別作業をしました。
選別と言っても、良いもの悪いものを分けるとかいうことではなく、単純に種類ごとに分ける作業です。

というのも、メダカは成長速度に個体差があって、大きさを揃えるようにして飼育したほうが成長が早く、生存率も上がるので、大きさ別に飼育槽を分ける必要があります。

ですが、メダカの種類と大きさで飼育槽を分けていくと、大変な数の飼育槽が必要になります。
そこで、卵から孵化させ、一定の大きさになるまでは種類では分けず、大きさにだけこだわって飼育槽を分けるという作戦で今年はやってみました。

そして今日、種類が識別できるぐらいに育った1つの飼育槽内にいる200匹ほどのメダカを、今度は種類ごとに分ける作業をしたのです。

ですが、これがもう大変で。とにかくメダカはすばしっこいので、網ですくうのがとても大変。今日は幹之だけを選別したのですが、それでもとても大変な作業でした。

今年はやむなしですが、来年は種類と大きさで飼育槽を分けたいなぁと思いました。でも、飼育槽を増やすには予算が。。。
安く販売するのは大変ですね。

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。