メダカのおうち

メダカを復活させるには

外来種の駆除

野生メダカやその卵を捕食する外来生物を駆除することは、野生メダカを復活させる一助になります。

しかし、元々は人間のエゴで日本に持ち込まれた罪なき生き物を駆除するのは、やはり多くの人が心を痛めるのではないでしょうか。例えば琵琶湖ではブラックバス回収ボックスが置かれ、ブラックバスを釣った人はこのボックスにブラックバスを入れるようにと条例で決まっているのですが、この回収ボックス、まさにゴミ箱そのものです。生き物を、しかも生きたままゴミ箱に捨てる。たとえ条例と言えども、中々出来ないですよね。ましてや子供がいる親御さんは、そんな姿を子供に見せたくないものです。

出来れば生物を「駆除する」という言葉は使いたくないものです。ではどうするか? やはり、「食べる」ことが重要ではないかと思います。「食べる」ために捕獲する、釣るというのなら、少しは心が助けられるのではないでしょうか。生き物を食べる、頂いた命に感謝し、感謝の気持ちを持つ、そうすれば「駆除」される生物もせめて浮かばれるのではないでしょうか。

環境を復元する

近年、特に都市部で行われている「ビオトープ」を作る活動があります。ビオトープは水辺の自然環境を人間の手によって再現するものです。ビオトープには水辺で生きる様々な生物が集まるように工夫があります。その工夫の一つに、その地域のメダカをビオトープに放つというものがあります。メダカはボウフラを捕食するため、再現された水辺での蚊の繁殖を防ぐ効果があり、また、水辺に集まる昆虫や鳥のエサにもなります。日本の水辺を再現するにはメダカの存在は非常に重要で、核になるといっても過言ではありません。ビオトープは水辺に生きる生き物を養っていく以外に、そこに集まる人を癒やしてもくれます。日本中にビオトープが作られると、きっと野生のメダカは復活するでしょう。

メダカを理解する

メダカを復活させるためには、メダカを理解することも重要です。メダカのおうちが活動する山口県は地方でありながら、生活している人々は既にメダカを知らないぐらいになってきています。メダカが生きる環境が人の心を育て、美味しい食物を生み出していたことを理解することは、メダカを絶滅から救うもっとも大切な方法ではないでしょうか。

NEXT -> メダカ飼育のすすめ

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。