メダカのおうち

メダカの地域差

メダカの種類による分布

メダカ(ニホンメダカ)には、大きく分けて2種類があります。ミナミメダカとキタノメダカです。

ミナミメダカは本州の太平洋側、中国地方、四国、九州、南西諸島の淡水から汽水域に分布しています。キタノメダカは本州の日本海側 東北・北陸地方の淡水から汽水域に分布しています。

遺伝子の違い

同じミナミメダカ、キタノメダカでも、地域により遺伝子に僅かな違いがあります。メダカは溜池、用水路、水田を生活環としているため、異なる地域への移動が自力では出来ません。そのため、メダカは各地域ごとに隔離され、長い年月をかけて遺伝子に僅かな違いが生まれました。

日本は南北に長い島国で、地域により気候が異なります。そのため、その土地の気候に合ったメダカが選択的に残り、遺伝子の違いが生まれました。

よく言われる「買ったメダカを放流してはいけない」とは、野生のメダカは地域によって遺伝子が異なり、その地域にあった遺伝情報を持つため、流通しているメダカと交配すると、その土地に合わないメダカが生まれ、メダカの生存が危ぶまれるからです。

NEXT -> メダカの生態

LINEスタンプへ

LINEスタンプ

可愛いメダカのLINEスタンプが完成しました。メダカ好きにはたまらないかわいらしさです、是非使ってみてください。

マイメダカ日記へ

マイメダカ日記

楽しいメダカ飼育の日記を書こう!
マイメダカ日記では、あなたのメダカ飼育の記録を日記として残すことが出来ます。

Webに新たな風を吹かせます - キノイス

Powered by Kinois

メダカのおうちはkinoisが開発、運営しています。